全頭ブリーチのおすすめポイント
ブリーチWカラー

全頭ブリーチしてからのデザインカラー は合理的で、ダメージを重ねたく無い方にオススメのカラーリング法です。

ブリーチハイライトは重ねれば重ねるほど毛先に行くにつれて、ブリーチ使用履歴が5回、6回、7回、、と増えていくのに対して全頭ブリーチだと2回前後の履歴で済みます。

2回目以降のブリーチは根元のみなので、複雑になりがちな毛先のダメージ履歴を最小限に抑えながらデザインを楽しむことが可能になります!

 



これまで紹介させていただいていた白髪活かしとの違い

 
*ブリーチW カラー(白髪ぼかし)
ご予算 23,650    カット無しの場合−3、300

長所  毛先のダメージが少ない。

短所  プリンになる

オススメ対象者

最高に透明感があり明るい髪色が好みな方

特にロングやミディアムヘアで毛先のパサつきが気になる方

同じデザインだと飽きやすい方

ハイライトよりも繊細なデザインを求められている方

白髪率70%以上の方(伸びたときに白髪に対するプリンがきになる方)

時間の経過で綺麗な退色の仕方を優先したい方

 
*白髪活かし
ご予算 19,800〜23,650    カット無しの場合−3、300

長所  プリンにならない

短所  回数を重ねるほど毛先のダメージが徐々に増す(毛先ほど複雑な履歴になってくる)

おすすめ対象者

来店頻度を少しでも伸ばしたい方

白髪率10%〜50%くらいな方(伸びたときに黒髪のプリンも気になる方)

暗めのトーンが好きな方

時間の経過で色持ちを優先したい方

 
 
簡単に違いを説明するとこんな感じです。こちらを参考にカウンセリング時に仰っていただくとわかりやすいです。

 



 
 
 
 

こんな感じで一度赤味をできるだけ抜きます!

 
 
 
 

ローライトの陰を根元からグラデーション状に入れていき、

明るく残る毛先部分がハイライト効果として表現されます。

写真は1回目のブリーチWカラー なので、

超繊細なデザインをするとすれば次回からになります。

 
※後日アップ予定

 



 
*施術の流れとしては、、

初回
1stカラー 全頭ブリーチ(土台づくり)

2ndカラー ダメージレスカラーでデザインカラー

 
2回目以降
1stカラー ブリーチリタッチ&毛先脱線(土台づくり)

2ndカラー ダメージレスカラーでデザインカラー

 
 
の流れを3〜4ヶ月に一度のペースで行い、間でメンテナンスカラー(グラデーションカラーで、料金は普通の全体染めと同じ) を1回挟まれる方もいます。

 



 
白髪活かしとブリーチWカラー どちらが良い悪いではなく、ライフスタイルにどちらが合っているかという考え方が大切なので、これからどんなスタイルにすれば良いのか迷われている方には今回のブログが少しでもヒントになればと思います。

 
 
 
 
 
 
脱白髪染め、よくあるQ&A
 
Q ブリーチによるダメージが心配

A 当店のブリーチは現状最高級のケア剤を使った、スーパーケアブリーチで施術させて頂いていますので段毛やビビり毛が発生するようなダメージに繋がらないよう細心の注意をはらって施術させて頂いています。

 
Q ブリーチ施術中の頭皮の痛さが心配

A 当店で推奨しているオンブレカラー(トップから徐々に暗→明に変化するグラデーションカラー)は根元ギリギリからブリーチを着けないので痛みはありません。

 
Q 染める周期はどのくらい?

A 退色は個人によって気になり方が様々ですが、ブリーチ施術によるデザインカラー は4ヶ月に一度のペースで、間に1~2回で退色したカラーをメンテナンスで入れ直すことをお勧めしています。

また、白髪活かしなどプリンが完全に出てこなくなるようなデザインの場合は3ヶ月毎にブリーチを使用したデザインをされる方が多いです。

 
Q 明るさを控えた仕上がりにしたいです。

A 仕上がりは暗めにすることで、1~2週間で徐々にハイライト(明の部分)が見えてくるようなご要望が多いです。

 
Q 脱白髪染めをすることでカラーをしなくても済むようにしたいです。

A  脱白髪染めは白髪染めのカラー剤で暗くて濁ったカラーから解放されますが、カラーをしなくてよくなるようなメニューではありません。ただし、毎月染めていた白髪染めが2~3ヶ月に一度でよくなる可能性は高いです。

 
Q 色持ちはどのくらいですか?

A 色持ちの感じ方は人それぞれですが、ブリーチを使用すればワンメイクカラー に比べて退色スピードは格段に早いです。(最初から明るいペール系などで仕上げる場合、色持ち3日ともいわれたりします)

また暗い仕上がり明るい仕上がりそれぞれのメリットデメリットがあります。(綺麗な色落ちと色持ちの良さ)は別ものですので、そのため毎回カウンセリングのすり合わせが大切になります。

またデザインではなく、ハイ透明感と色持ち&綺麗な色落ちを優先する場合はブリーチ無しで行うWカラー(ブライツカラー。白髪も染まります)をおすすめしています。

 
Qカットは必要ですか?

Aハイライトなど、光と陰影の見せ方でデザインカラーをする場合、削ぎができるだけ入っていない条件が必要になります。

ロングやミディアムスタイルの場合、見た感じ重いスタイルでも中をめくればスカスカな毛だらけになっている事が非常に多く、せっかく計算した配置でハイライトをしても毛先まで表現されません。デザインカラー のクオリティーを優先させる場合はデザインカラー が得意なお店でのカットが非常に重要になってきます。

 
Qデザインカラー ができないパターンはありますか?

・カットの状態で削ぎが入りすぎている。

・ヘナ履歴がある。

・マニキュア履歴がある。

・ホームカラー履歴(暗めの白髪染め)がある。

・ダメージしすぎている。

・短すぎる(毛流れを感じないヘアスタイル)

・カラーの明るさに対して職場が厳しい

etc

 
Q色持ちをよくするポイントはありますか?

・シャワーの温度を人肌程度に下げる。

・市販品のシャンプーは使用しない。(洗浄力はサロンシャンプーに比べて6~7倍あると言われています)

・なるべく紫外線を避ける。

・お風呂上がりはできるだけすぐに乾かす。

・アイロンやブロー前はベーススプレーを使用する。

・カラーシャンプーを使用する。

などあります。

※紫シャンプーなどカラーシャンプーを使用される場合、しっかりと効果が出るものや安定した発色のものをお選びください。(髪のダメージ状態によっては紫シャンプーなのにカーキ等に発色してしまうものもあります)

 
Qスタイリングのコツはありますか?

A当店のデザインカラー は縦のムラ(ハイライト など)×横のムラ(グラデーションカラー)で構成されていますが、特に手縦ムラにあたるハイライトを綺麗に表現するにはなるべくクセを伸ばす事が大切になります。なので、クセがある場合はアイロン使用(160度まで)やブローなどをされることをおすすめします。

また、クセを落ち着かせながら艶や深みのある色を出すアイテムとしてスタイリング用のオイルは欠かせません。

※水が主成分のワックスやジェルではクセはおさまらず、せっかく伸ばしたクセも復活させますのでご注意ください。

 
 
 
その他質問などあれば公式LINEでも受け付けていますので、気軽にお問い合わせください。

 
 
 
shop-mini
RICCA HAIR DESIGN
〒530-0016 大阪府大阪市北区中崎3丁目2-31 TEL : 06-4965-5905

定休日 / 月曜日

営業受付時間 /
平日 10:00~19:00 ラストオーダー
10:00~19:00 閉店
〈完全予約制〉事前のご予約をお願い致します。
※火曜日のみスパメニューのご予約はお取りできません。

● インターネットでのご予約はこちら >>>
大阪北区・梅田中崎町の美容室 | 本格ヘッドスパ RICCA hair design(リッカ ヘアデザイン)
 
 
以前からデザインカラー をされているお客様で、2.5〜3ヶ月位のペースでご来店頂いています。
今回は全体的にハイライト を入れ直して、ブリーチ後のカラーは上から暗→明のグラデーションカラーで仕上げています。ラインが出てこないのでプリンが出てこないまま綺麗な陰影が表現されます!ちなみに明の部分は肌馴染みの良いベージュ系で仕上がっています^^

 
 



 
 
脱白髪染め、よくあるQ&A
 
Q ブリーチによるダメージが心配

A 当店のブリーチは現状最高級のケア剤を使った、スーパーケアブリーチで施術させて頂いていますので段毛やビビり毛が発生するようなダメージに繋がらないよう細心の注意をはらって施術させて頂いています。

 
Q ブリーチ施術中の頭皮の痛さが心配

A 当店で推奨しているオンブレカラー(トップから徐々に暗→明に変化するグラデーションカラー)は根元ギリギリからブリーチを着けないので痛みはありません。

 
Q 染める周期はどのくらい?

A 退色は個人によって気になり方が様々ですが、ブリーチ施術によるデザインカラー は4ヶ月に一度のペースで、間に1~2回で退色したカラーをメンテナンスで入れ直すことをお勧めしています。

また、白髪活かしなどプリンが完全に出てこなくなるようなデザインの場合は3ヶ月毎にブリーチを使用したデザインをされる方が多いです。

 
Q 明るさを控えた仕上がりにしたいです。

A 仕上がりは暗めにすることで、1~2週間で徐々にハイライト(明の部分)が見えてくるようなご要望が多いです。

 
Q 脱白髪染めをすることでカラーをしなくても済むようにしたいです。

A  脱白髪染めは白髪染めのカラー剤で暗くて濁ったカラーから解放されますが、カラーをしなくてよくなるようなメニューではありません。ただし、毎月染めていた白髪染めが2~3ヶ月に一度でよくなる可能性は高いです。

 
Q 色持ちはどのくらいですか?

A 色持ちの感じ方は人それぞれですが、ブリーチを使用すればワンメイクカラー に比べて退色スピードは格段に早いです。(最初から明るいペール系などで仕上げる場合、色持ち3日ともいわれたりします)

また暗い仕上がり明るい仕上がりそれぞれのメリットデメリットがあります。(綺麗な色落ちと色持ちの良さ)は別ものですので、そのため毎回カウンセリングのすり合わせが大切になります。

またデザインではなく、ハイ透明感と色持ち&綺麗な色落ちを優先する場合はブリーチ無しで行うWカラー(ブライツカラー。白髪も染まります)をおすすめしています。

 
Qカットは必要ですか?

Aハイライトなど、光と陰影の見せ方でデザインカラーをする場合、削ぎができるだけ入っていない条件が必要になります。

ロングやミディアムスタイルの場合、見た感じ重いスタイルでも中をめくればスカスカな毛だらけになっている事が非常に多く、せっかく計算した配置でハイライトをしても毛先まで表現されません。デザインカラー のクオリティーを優先させる場合はデザインカラー が得意なお店でのカットが非常に重要になってきます。

※ここでいうデザインカラー とは、イヤリングカラーやフェースフレーミングカラーなどいわゆるインナーからではなく、オンブレカラー(ハイライトやグラデーションカラー)のことです。

 
Qデザインカラー ができないパターンはありますか?

・カットの状態で削ぎが入りすぎている。

・ヘナ履歴がある。

・マニキュア履歴がある。

・ホームカラー履歴(暗めの白髪染め)がある。

・ダメージしすぎている。

・短すぎる(毛流れを感じないヘアスタイル)

・カラーの明るさに対して職場が厳しい

 etc

 
Q色持ちをよくするポイントはありますか?

・シャワーの温度を人肌程度に下げる。

・市販品のシャンプーは使用しない。(洗浄力はサロンシャンプーに比べて6~7倍あると言われています)

・なるべく紫外線を避ける。

・お風呂上がりはできるだけすぐに乾かす。

・アイロンやブロー前はベーススプレーを使用する。

・カラーシャンプーを使用する。

などあります。

※紫シャンプーなどカラーシャンプーを使用される場合、しっかりと効果が出るものや安定した発色のものをお選びください。(髪のダメージ状態によっては紫シャンプーなのにカーキ等に発色してしまうものもあります)

 
Qスタイリングのコツはありますか?

A当店のデザインカラー は縦のムラ(ハイライト など)×横のムラ(グラデーションカラー)で構成されていますが、特に手縦ムラにあたるハイライトを綺麗に表現するにはなるべくクセを伸ばす事が大切になります。なので、クセがある場合はアイロン使用(160度まで)やブローなどをされることをおすすめします。

また、クセを落ち着かせながら艶や深みのある色を出すアイテムとしてスタイリング用のオイルは欠かせません。

※水が主成分のワックスやジェルではクセはおさまらず、せっかく伸ばしたクセも復活させますのでご注意ください。

 
 
 
その他質問などあれば公式LINEでも受け付けていますので、気軽にお問い合わせください。

 
 
shop-mini
RICCA HAIR DESIGN
〒530-0016 大阪府大阪市北区中崎3丁目2-31 TEL : 06-4965-5905

定休日 / 月曜日

営業受付時間 /
平日 10:00~19:00 ラストオーダー
10:00~19:00 閉店
〈完全予約制〉事前のご予約をお願い致します。
※火曜日のみスパメニューのご予約はお取りできません。

● インターネットでのご予約はこちら >>>
大阪北区・梅田中崎町の美容室 | 本格ヘッドスパ RICCA hair design(リッカ ヘアデザイン)